EVENT イベント

三茶TALK#4 真鶴出版&三茶WORK「理想のまちの見つけ方」〜SHARE the imagination〜自分たちのまちで妄想を形に〜

▪️三茶TALKとは?


三茶WORKのメンバーが、今話したい人をゲストに呼んでトークするイベント、三茶TALK。2021年の今年は「SHARE the imagination〜自分たちの"まち"で妄想を形に〜」をテーマにお届けします。
コロナ禍の影響で「自分たちの"まち"で働き、暮らす」ことが生活の重要な軸になってきていると私たちは考えています。「地域の人と"仕事"の軸で繋がり、働くことが自分たちの暮らしを良くしていく」ことは旧くもあり、新しい感覚も伴います。
より良い循環を生むために、三茶WORKが話したい"まち"の人と参加者の皆さんとともに、これまで形にしてきたこと、そしてこれから形にしていきたい妄想を交換するクロストークを行います。

▪️三茶TALK#4 三茶WORK&真鶴出版「理想のまちの見つけ方」


今回ゲストには、神奈川県のはじっこにある港町、真鶴から「真鶴出版」の川口瞬さんと來住友美さんをお呼びします。「真鶴出版」は真鶴の情報を発信しながら、実際に来てくれた人を宿へ受け入れる「泊まれる出版社」。
三茶WORKのメンバーで作冬に真鶴を訪問したところ、クリエイター系の移住者が多い一方で、元々の住人との垣根がとても低く、川口さんたちとまち歩きをしていると彼らがあちこちで知り合いに出くわし、街角で立ち話を楽しんでいることが印象的でした。一見混ざりあうことが難しい関係性を心地の良いものにしているのは、真鶴半島の地形豊かな空間と「美の基準」に寄り添うまちづくり。そして「真鶴出版」のお二人が自分たちが暮らすまちをより楽しくしようと新旧交えて創り出す様々な仕掛けです。


お二人はなぜ、新たに住むまちとして真鶴を選んだのか。そしてこのまちのこれからにどんな妄想を抱いているのか。
三茶WORKと妄想クロストークをお届けします。

▪️当日の内容(予定)

1、三茶WORKトーク
2、真鶴出版トーク
・真鶴ってどんなとこ
・「美の基準」を中心としたまちづくりとコミュニティ
・真鶴出版とまちの人たちで実現したものづくり
3、三茶WORKと真鶴出版、参加者の皆さんとのクロストーク
「自分たちのまちで妄想を形に」

 

ご参加希望の方はこちらからお申し込みください。