NEWS

PICK UP

トークイベント「三茶TALK」はじめます。

<第1回> 12月12日(木) ゲスト:武井浩三さん、田中美和さん テーマ:はたらく

三茶WORKが8月にオープンし、3ヶ月。
来たる12月12日、新たにトークイベント「三茶TALK」を始めます。
初回のトークゲストは、武井浩三さんと田中美和さんと言う豪華な顔ぶれ。

武井さんは、社長も投票で決めるという自律分散型経営で大注目されるだけでなく、用賀ブルーハンズなど地域活動も仲間と家族で楽しむ世田谷人です。
田中さんは、フリーランス協会の理事であり、出産などで離職した女性の復職支援をする株式会社WARISの共同代表。ご自身も一児の母です。
そして、この素敵なゲストのお二人と三茶WORKに集まる皆さんをトークで紡ぐのは、三茶WORK立ち上げメンバーの千田弘和さんです。

 

<ゲストや参加者の皆さんと話したいコト>
「個人」「チーム」「ソーシャル」3つの視点を交差させて、自分らしい「はたらく」を考える
・フリーランスってどういう働き方?
・「自分のやりたいことをして生きていく」って、本当にできるの?
・指示命令系統のないフラットなチーム、バラバラにならないの? どうやってまとめるの?
・生活のためにはたらくことと、社会に貢献していくこと、重ね合わせるはたらき方って?

 

<こんな皆さんにおすすめします>
●フリーランス・副業テーマ
・現状フリーランスで、さらに自分にフィットした働き方を模索している人
・これから独立してフリーランスとして仕事をしたい人
・副業に関心のある人
●チームマネジメントテーマ
・チームや組織のマネジメントを担う人
・「フラットなチームづくり」に関心がある人
・フリーランスの人たちとチームになって仕事をしている人
●三茶WORK発オモシロイコト実現テーマ
・やりたいコトがあるけれど、一人じゃできないな、と思っている人
・実現したい思いを、口に出したい人
・自分の「はたらく」を変えたい人

 

<開催概要>

・日時:12月12日(木)19:00〜21:00
・会場:三茶WORK3F  東京都世田谷区太子堂2丁目17−5
・参加費:一般 3,000円 学生チケット 1,500円 共に、ワンドリンク付き
・定員:25名
・トークゲスト:武井浩三さん、田中美和さん、千田弘和さん
→3人の詳しいご紹介はこちら

 

 

今回のブログは、「三茶TALK」のイベントのお知らせなのですが、その背景を、オープンから3ヶ月をふり返りながら、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

「三茶TALK」って?

ヒトコトで言えば

三茶WORKの人と、その人が会いたい人・話したい人とのトークイベント」です。

もう少し言うと

「オモシロイ妄想→人が集まる→人が繋がる→いろんな人がオモシロがって動く→妄想を実現する」妄想実現の好循環(になるといいな)イベントです。

 

三茶WORKが、三茶のまちをこよなく愛する人たちが「好きな三茶で仕事して、三茶好きな人たちとつながって、一緒にイベントしたり、みんなで飲んだり、そこから次の新しい何かが始まっちゃったりする。そんな仕事場、欲しい!」と意気投合、そこから試行錯誤を重ねつつ実現した経緯は、こちらのブログでもご紹介しました。

 

そう。この好循環は、まさに三茶WORKが生まれ実現したプロセスそのものです。

もっともっとたくさんのオモシロイ妄想と好循環を、三茶WORK発で、生み出したい!

 

オープン以来、三茶WORKには、仕事もワークスタイルもバックグラウンドも様々な人たちが、心地いい仕事場と、ワクワクする人やコトとの繋がりを求めて、集まってきています。

その仕事だけをみても、デザイナー、ライター、エンジニア、コンサルタント、税理士、飲食業経営者、美容師、保健師、会社員、アーティスト、学生、公務員、個人起業家など、ひじょうに多岐にわたります。さらに一人ひとりお話をすると、趣味・関心も、料理、釣り、ビール、サウナ、旅、キックボード、ラグビー、キャンプ・・・これまた、もう、さまざま。

詳しくは、メンバーインタビューの記事でどんどんご紹介していきますのでお楽しみに!

 

こうして三茶WORKに集まってくださる皆さんの共通点は、人との出会いへの期待とこの三茶のまちで何かしたいという思い。だからこそ、のイベントが「三茶TALK」です。

さまざまな領域から集まる三茶WORKの人たち。その人が「会いたい人・話を聞きたい人」って、どんな人だろう? その人に、自分も会ってみたい、話を聞きたい。その連鎖が拡がると、またワクワクした妄想が生まれそう、と思うのです。

 


三茶WORKの3F「茶や」は「まちにひらけた社交場」がコンセプト。まちの人はキッチンカウンターでランチやお茶を楽しみ、ラウンジ大テーブルでは地域企業の皆さんがランチミーティングをしていたり。平日夜や休日には食やアート、会員同士がラフにコミュニケーションを交わすスナックなど、さまざまなテーマやスタイルでイベントを開催しています。

この3ヶ月間でも、美味しいものを食べながら語らうイベントがあったり、三軒茶屋のまちのビジョンを行政やまちの人たちと議論したり。これまでのイベントを少しご紹介します。

 

 

7/28-7/29 三茶WORKおひろめの会「オープンルームイベント」


オープン前に、初めて三茶WORKをおひろめしたイベント。3F茶やでは、軽食やお茶、お菓子の試食・試飲をご用意。ご家族連れでいらした方も多く、ミルクのアイス「クルフィ」にちびっこ大喜び。夜には、会員の皆さんや地域の方々をご招待してレセプションも開催、保坂世田谷区長も駆けつけてくださいました。

 

 

8月「BAR三茶WORK イタ飯アーキテクト」


三茶WORKの居心地の良いワーク&茶や空間を設計した、ふたりの建築家「ダブル柴山」がイタリアンバルを開きました。料理と建築は、実はとても共通点が多いそうなんです。

 

 

10月 三茶まちづくりのディスカッション


再開発が議論されている三軒茶屋駅周辺。三茶WORK会員のゆるーいお楽しみ会「HAPPY TIME」の機会に、世田谷区の人たちと三茶WORKの会員の皆さんと一緒にまちづくりについて議論。後日には、世田谷区主催のまちづくりワークショップにも、三茶WORKメンバーで参加しました。

 

 

10月 BAR三茶WORK「三茶いも煮会」牛に醤油VS豚に味噌


三茶WORKのコンセプトからデザインを手懸けた山形出身の「土屋 勇太」考案のいも煮会です!

芋煮会と言えば東北地方でお馴染みの季節行事。三茶WORKには、東北出身者がたくさんいます。3F茶やは、美味しい「芋煮」と「美味しいお酒」で語らう人で溢れました。

 

 

10/23 世田谷ものづくり学校 入居者サロン特別編

三宿にある世田谷ものづくり学校(IID)さんとは、4月にはトークショー(写真下)を、そして10月にはIID入居者サロンでの交流(写真上)と、オープン前から素敵なご縁をいただいています。三軒茶屋と三宿、ご近所のワークプレイスどうし、これからどんなワクワクする連携をしようかと、楽しく企て中です。

 

そして今度のイベント「三茶TALK」は、「はたらく」がテーマ。武井さん、田中さん、千田さんのトークから、そして三茶WORKに集う人たちから、さまざまな視点が投げ入れられる語らいの場にしたいと思います。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

 

<トークゲストのご紹介>

武井浩三(たけい こうぞう)さん

1983年、横浜生まれ。高校卒業後ミュージシャンを志し渡米、Citrus College芸術学部音楽学科を卒業。帰国後にCDデビュー。アメリカでの体験から起業するも、倒産・事業売却を経験。「関わるもの全てに貢献することが企業の使命」と考えを新たにし、2007年にダイヤモンドメディアを創業。会社設立時より経営の透明性をシステム化。独自の「管理しないマネジメント思想」は次世代型企業として注目を集める。現在は、株式会社eumoのボードメンバーとして新しい金融や地方創生に関わりながら、組織開発やシェアリングエコノミー関連の多数の企業にてボードメンバーを務める。世田谷地域活動ではNPO法人neomuraとしてお祭りや清掃活動、情報発信を行う。

著書:『社長も投票で決める会社をやってみた』(WAVE出版)『管理なしで組織を育てる』(大和書房)『自然経営』(内外出版)

 

田中美和(たなか みわ)さん

1978年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、2001年に日経ホーム出版社(現・日経BP社)入社。編集記者として雑誌「日経ウーマン」を担当。取材・調査を通じて接してきた働く女性の声はのべ3万人以上。女性が生き生き働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスのライター・キャリアカウンセラーとしての活動を経て、2013年多様な生き方・働き方を実現する人材エージェント株式会社Warisを創業し共同代表に。フリーランス女性と企業とのマッチングや離職女性の再就職支援に取り組む。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会理事。国家資格キャリアコンサルタント。一児の母。

著書:『普通の会社員がフリーランスで稼ぐ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

千田弘和(ちだ ひろかず)さん(モデレーター)

三茶WORKの企画・立ち上げから参画し、運営に携わる。
1977年青森県生まれ。大卒で入社したシステムインテグレーターで大規模業務システムの開発に従事するかたわら、Webサービスの企画、制作、運営に携わる。2013年に立ち上げた、Webマガジンを運営する(株)WILBYの全株式を、2017年、家電量販店大手の(株)ビックカメラに売却。同年、(株)canonica、(株)natowaを相次いで設立。
自身のITスキルを生業の軸にしながら、三軒茶屋で八百屋「三茶ファーム」を経営したり、フィリピン・カンボジアの孤児院支援に取り組むなど、関心のあることには分野を問わず関わりを持ってきた。趣味は仕事とキャンプ。